はんこをプレゼント

はんこイメージ

皆さん、こんにちは。今回は、社会人になったら持っておいた方がよいはんこのお話をしたいと思います。
私もそうでしたが、社会人になる前って、あまり印鑑を必要とする機会が少ないと思います。

私は社会人になり、既に15年となりますが、入社する頃は、はんこと言えば、卒業記念にもらったはんことシヤチハタを1本持っていた位でした。
その使用用途も、卒業記念のはんこを銀行印にし、ほとんどの場面でシヤチハタを使用していました。学生時代は、こんなもので充分かと思います。

そんな私が、ちゃんとしたはんこを持つようになったきっかけが、父親に入社祝いとして、黒水牛のケース入りの印鑑セットをプレゼントされた事となります。

3本セットでかなりきれいなケースに入っていて、高級感があふれていた事を今でも覚えています。
当時は、はんこより腕時計やいいスーツ、車とかの方がいいなあと思っていたのですが、今ははんこをプレゼントしてくれた父親に感謝しています。

それは、なぜかというと先ほど述べたものに関しては、その後、自分の意思で、自分の給料で購入しましたが、たぶんはんこに関しては、プレゼントしてくれなければ、学生時代のものをそのまま使用していたと思うからです。

これって社会人としてはちょっと恥ずかしいですよね。
サラリーマンであっても、車の購入であったり、仕事上でもお客さん前でも捺印する機会があると思います。

やはり、その際ははんこにも目がいくものです。
その際のはんこが卒業祝いではちょっと恥ずかしいですよね。

私も、10歳になる息子がいます。
まあ、まだ先の話となると思いますが、この子が社会人になったら、はんこをプレゼントしたいと思います。

ページの先頭へ